2013/07/26.Fri

ルノワール「バレリーナ」など @ナショナルギャラリー

IMG_0088.jpg

ルノワール「バレリーナ」

ナショナルギャラリーの中では特にこの作品が好きです。
何度訪れてもこの作品の前ではその美しさに息をのまずに
いられません。

前回のムンクの独特の摩訶不思議世界から
印象派のコーナーへ移動しました。
「日本人ってホントに印象派が好きよね〜。」と
フランス人の知人からは揶揄されます。
”複雑なアートを理解できない単細胞”と思われてる感じ、
でもいいんです。(キリッ)

数年前に現代アートのトリエンナーレの作品を英語と日本語で
説明する仕事に携わり、毎日が????の嵐でした。
絵画はまだしもインスタレーションなどは言葉での説明に困り、
今でもトラウマです。
それに元々突然公園に現れる不思議なオブジェなども苦手。

やっぱり素直に美しい物が好き、好きな物は好きだーー!
とムキになる事はないのですが。

ナショナルギャラリーには13世紀から現代までの絵画や
彫刻を中心とした西洋美術のコレクションで知られています。
印象派も充実。

モネ「散歩、日傘をさす女」

モネ 日傘

この絵には珍しくクロード・モネの夫人と小さな息子が
描かれています。

”モネが熱中したのはモデルではなかった。いかにして「光」と「風」を
永遠のキャンパスに残すか、であった。”
(ブログ「ヴァーチャル絵画館」より)
確かに風を感じるかも。風を感じる絵を他にも探したいです。


ドガの彫刻「14歳の小さな踊り子」

IMG_0124.jpg


ゴッホは「ひまわり」があまりにも有名ですが、
この「薔薇」により強く惹かれます。

薔薇



ドガ「バレエの前」
ルノワールと同じバレリーナを題材にしながら語り口が違って
面白いです。

IMG_0107.jpg

館内のロタンダ。作品数が多いのでこの辺りで少し一休み。

IMG_0128.jpg


上記の作家の作品も複数有り、印象派では他に
セザンヌ、ゴーギャン、マネなど多数展示されています。
モネも他に「睡蓮」、「ヴェトイユの庭」、
「ルーアン大聖堂」他も展示有り。うー、贅沢。

また次回に続きます。ナショナルギャラリー、やはり見応えあります。


↓  クリックして下さると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
美術館 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
さっそく
のぞきにきちゃいました。
私もあの「薔薇」が好きですー♪
Re: さっそく
> のぞきにきちゃいました。
> 私もあの「薔薇」が好きですー♪

Meggyちゃん

お越し頂いた上にコメントありがとうございました!
やっぱりちょっと照れくさいですね (^_^;)
家族も殆ど家にいないのでガス抜きにブログ始めてみました。

ゴッホのお花の絵素敵ですよね〜。
ナショナルギャラリーじゃないけど
「花咲くアーモンドの小枝」も好きです。

管理者のみに表示