2014/05/01.Thu

【読書】ジェーン・オースティンのブッククラブ

ブッククラブ

本好きとして、アメリカに来て興味津々だったのはブッククラブ。
図書館や書店等でよく”ブッククラブのお知らせ”を見かけます。
日本ではあまり見たことが無い。なになに?

どうやら集まって1冊の本について話し合うらしい。
何だか楽しそう。
images bc2
イメージ映像

そういえば「ジェーン・オースティンの読書会」っていう
映画も有りました。
読会


でも私の英語力で大丈夫かな?
日常英会話にはどうにか困らないけど他の参加者に
迷惑にならない程英語で文学を語れるのか・・。

と思いながら昨年近くの図書館で開催されていたのを
遠巻きにのぞきに行きました。
星明子
イメージ映像

図書館のミーティングルームで参加者が20名位いて、
あ、これは無理。こんな大勢の人の前で英語で本の事を話すのは
ハードルが高い・・・。とすごすごと帰って来ました。

でもやはり気になる、本好き同志で何を話しているんだろう、と
その翌月の図書館のでは勇気を出して部屋に入ってみました。
本は「The Moonstone」by Wilkie Collins(邦題:月長石)。
ミステリーだから読みやすいかと思ったら19世紀英国作品で
意外と手こずって読了出来ないままに参加。
少ししか話せず(読み終わってないのと雰囲気に押されて)
またすごすごと帰って来ました。

ところが今年になってうちのアパートの中でブッククラブが
立ち上がる事に。
これは、行ってみなさいって事でしょ?

で第1回の本が以前ブログでも取り上げた「The Monuments Men」。
リーダーも顔見知りで「是非来てね!」と
言われ、どうにか読み終えて参加しました。

アパートからワインも振る舞われ、各自好きなスナックも持ち寄り
10人位のちょうど良い会になりました。
みんな親切で私の拙い英語でもうんうん、とうなづいて
聞いてくれました。感謝!

第2回目は全く聞いた事が無い本で、参加せず。
やっぱり読みたい本を取り上げてくれないとつまらない。
憧れの「ジェーン・オースティンの読書会」、どこかで
やっていないかな?とDCや近所の図書館を
インターネットで調べても近々には有りませんでした。

ところが第3回目の4月のアパートのブッククラブが
ジェーン・オースティンの「Pride and Prejudice(高慢と偏見)」だと
いうお知らせが来たのです!
これは絶対参加するでしょ、青い鳥みたい。

ブッククラブに参加すると、漫然と読むだけではなく、
「こんな事を発表しよう」と考えながら深く読む習慣もつくし、
著者のバックグラウンドやその時代背景、どの様に作品が
評価されているか等調べるきっかけにもなります。

クラブリーダーが予め用意していた質問を皆にぶつけて
来る事もあります。
例えば「題の”Pride ”と”Prejudice”って誰のどんな所を
表してるんだと思う?」とか。

他の人達が自分とは全く違う視点で読んでいたり、別の角度から
光を当てられて新しい発見が有り、
何より同好の士の集まりなのでワイワイ楽しいです。

これからも良い本のブッククラブが有ったら行ってみる事にします。
長くなったので「Pride and Prejudice」の書評は次回以降に。

↓ クリックして下さると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
読書 | Comments(5) | Trackback(0)
Comment
ジェイン・オースティンの読書会
こんにちは!!私も映画「ジェーン・オースティンの読書会」を観て"読書会"の存在を知った者です。とても素敵な映画ですよね♪。同じ事に共感された方がいらっしゃると知って嬉しくて、コメントしてしまいました。^^@

オースティン作品も6作品全て読み、なんと一昨年から読書会を毎月1回企画、年に2、3回ほど「ジェイン・オースティンの読書会」を開催しています。
欧米では、読書会は多いと聞きおよんでおりましたが、日本でも最近増えてきた感があります。
帰国の際は、ぜひ遊びに来てくださいませ^^/

読書会Facebook: https://www.facebook.com/BCTFH
No title
怖い思いをしましたね。まぁ人間が痛い目に合わなかっただけでもいいとしましょ!どこの国も、安全とは言えないけど、友達、おれおれ詐欺で424万円取られ、がっかり、何でこんなことばかりの世の中になったんだろう。警察に付き添いで忙しくしてましたよ。
No title
初めまして、サンデーランチと申します。
TVではこの読書会なるものは見たことがありますが、実際はまだ、ありません。私にもかなりハードルが高い。と実感しています。
ジェーン・オースチンの本はイギリス人の夫が”この本はイギリスの女の子が必ず読む本だから読んでおきなさい”と付き合い始めた頃に超有名どころを数冊渡されました。思い出の本たちです。

本を通じて語り合えるって素敵ですよね~それもお酒が入れば舌もまわりますし…


Re: No title
e-113Book club to find happinessさん

はじめまして。
オースティン全6作全て読んでいらっしゃるんですね。
すごい、私もそれをしたくなっているのですが、
6月に次の大作プルーストの「失われた時を求めて」の
第1部が迫っており すぐには実現出来ずにおります。
FBも拝見しました。とても充実した素敵な会ですね。
私も以前は渋谷区だったのですが、帰る予定がないんです。
増々読書会が充実した実り多い会になりますように!!
時々FBも覗かせて頂きますが、またお薦めの本が有りましたら
教えて下さると嬉しいです。


e-113アニエスさん

犯人と遭ってたらもっと慌てたと思います。
その前のお知らせだと思って気を引き締めますね。
アニエスさん、早くこちらに帰って来て下さーい。
歴史のお話しましょうね!


e-113メイゴンサンさん

お友達の方が大変な思いをされましたね。
悪い人達がいるものですね。
それを上回る知恵を持ちたいです。


e-113サンデーランチさん

ご主人からオースティンを贈られるなんて素敵です。
憧れです。良い本を贈ってくれる人と結婚するのが
私も理想だったんですけど・・・。
望みを捨てずに頑張ります。
オースティン、日本での評価と比べて欧米では
破格の人気ですよね。
英語のポッドキャストだけでもすごい数がヒットして
ちょっと予習して行きました。

サンデーランチさんもお好きな本を
教えて頂けたら嬉しいです!
大変遅くなりました!!
こんにちは!
年末年始休みに、読書会名(Book club to find happiness)の検索をしていて・・・あれ?キャー!!すみません、コメントいただいて読むのが半年以上も後になってしまって><;

メリーランドカフェさんは、昨年は悲しい事を経験されて大変だったのですね、私も似た様な経験をして、ある一大決心をしたばかりです。

FBをご覧いただいて有難うございます。大変遅くなりましたが、お勧めの本4冊をご紹介いたします、と言いましてもFBで既に紹介してしまったものばかりですが^^;
いずれも悲しみを克服して元気を取り戻せる力を与えてくれる作品だと思います。

1.『鼓動を聴いて』ヤン-フィリップ・センドカー(独)たかおまゆみ (翻訳)
 □時を隔ててもなお強く愛する人を想う、想われる愛とは。
 
2.『さよならのアルゴリズム』ローリー・フランケル (著) 羽田詩津子 (翻訳)
 □「愛することは・・・人間が必然的に通る道なんだよ。」
 
3.『花言葉をさがして』ヴァネッサ ディフェンバー (著), 金原 瑞人 (翻訳)
 □子供時代、親の愛を知らずに施設で育った少女が、里親のエリザベスに教わった「花言葉」で、評判のフローリストとして成功する物語。
 
4.『ヘルプ 心がつなぐストーリー 』キャスリン ストケット (著), Kathryn Stockett (原著), 栗原 百代 (翻訳)
 □映画も面白いです。たくましい女性達に勇気をいただきました。
 
1.以外は全て北米の作者なので、既にご存知の作品もあるやもしれませんが、読後の感想をシェアできたら嬉しいです。☆^^☆

それでは、メリーランドカフェさんにとって2015年が素敵な一年となります様に!!
今年は、時々HPを除くように致します~、宜しくお願い致します。

管理者のみに表示