2013/08/06.Tue

【読書】Personal History by Katharine Graham

「Personal History」 by Katharine Graham読みました。

katharine graham

自伝なのに、ジェフリー・アーチャーやシドニー・シェルダンの
小説より波瀾万丈で面白い!
「キャサリン・グラハム わが人生」として日本語の翻訳有り。
1998年本作でピューリッツア-賞も受賞しています。

キャサリン・グラハムは大富豪のユージン・メイヤーの娘として
「銀のスプーンをくわえて」生まれてきました。
メイヤー氏は大投資家、世銀の初代総裁、FRB議長も務め、後に
ワシントンポスト紙を買収し社主になります。

航空写真でしかおさめきれないお城のような大豪邸に住み、
その豪邸からニューヨークに旅行の際には列車を全車両借り切って
旅する、といった正真正銘のお嬢様なのですが、
母親から容姿や頭脳の平凡さを批判され顧みられず、
寂しい少女時代を送ります。

成長してシカゴ大卒業後、キャサリンは新聞記者になりますが、
その時期知合ったハンサムで貧しい生まれのハーバードロースクール卒、
ハーバードローレビュー紙の編集長も勤めた野心家の青年
フィリップ(フィル)・グラハムと結婚します。

自分の容姿にコンプレックスの有るキャサリンは魅力的なフィルと
結婚できて幸せを感じたのも束の間、徐々に夫の暴君ぶりが
顔をのぞかせ始めます。

フィルはキャサリンの父親からワシントンポスト紙を
譲り受け、後にニューズウィーク紙も買収し、権力を握るにつれ
妻の事を人前で罵倒したり浮気に走ったり。
羨望の的の存在であるはずのキャサリンは自分のことを
「ドアマットワイフだった」と語ります。
いつも自信が無くおどおどして不安だった、と。

挙げ句の果てに夫は浮気相手の若い女の元に走り
離婚を迫っただけでなく、キャサリンの父から
信頼を受けて受け継いだはずのワシントンポスト紙を
キャサリンの一族から奪い去ろうとし・・・。

ここからはネタバレになるので詳しくは書きません。
でも引っ込み思案で両親や夫の影に隠れていた主婦が
悩み,運命に立ち向かいながら一流のビジネスウーマンとして
社会に影響する存在にまでに成長する姿が描かれています。

ウオーターゲート事件の際にも政府高官からの圧力に
屈せずに信念を曲げませんでした。
映画「大統領の陰謀」(原題"All the President's Men")の
題材にもなった若い2人の記者の活躍も彼女の存在がなければ
日の目を見る事が無かったのかも。

kg.jpg

歴史の勉強としても女性の生き方の本としても楽しめる一冊です。

先日このワシントンポスト紙がグラハム家からAmazon.comの
CEOジェフ・ベゾス氏に買い取られました!

最近のアメリカ有名新聞各紙は財政難から身売りの話が続々と
出て来ています。
右派のコーク兄弟が、トリビューンカンパニーの所有する
The LA Times, The Chicago Tribune,The Boston Grove紙等の
買収を検討、との懸念が報じられています。
企業としての報道機関の在り方は今後どうなるのか。
ジェフ・ベゾス氏の手に渡った事でポスト紙はどうなるのか。
ベゾス氏は7月にはCIAのクラウド契約を勝ち取った?
との話も有り、ベゾス氏はどこに向かっているのか?
いずれも目が離せません。

↓  クリックして下さると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
読書 | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
No title
わたしちょうど緒方貞子さんのドキュメンタリーを観て
感慨に耽っていたところでした(* ̄▽ ̄)ノ

女傑、というのは時代が呼ぶんでしょうか。
だいたいにおいて、自分からそうなろうとしたわけじゃなく、
そうせざるを得ないでなったヒトが多いですよね。
ワタシが、ワタシがはダメなんでしょうね(笑

日本語版さがしてみよ〜っと。
Only the administrator may view.
Only the administrator may read this comment.
No title
うわーっ!今まさしくホットな本じゃないですか!?
今週のワシントンポスト売却のニュースで、ちょうど興味をもったところでした。
ネタバレのところ、もうちょっと知りたかったです~(自分で読みきる自信ないので・・)
Re: No title
Shimicciさん

緒方さんの伝記も以前読んで感動しました。
自分が余りにもあかんたれなので
優秀な人や頑張るかたの伝記を読むのが
好きなのです。 (≧∇≦)

キャサリン・グラハムのこの自伝の日本語版、
なぜか日本の図書館によく置いて有りました。
代々木八幡と原宿図書館、青山一丁目の
赤坂図書館にも有った気がします。

Good point! 本当に女傑は自分が自分が、と
いうより運命のいたずらや時代に望まれて
なった人が多いですね。
でも皆さん努力家ですね〜。
Re: No title
アニエスさん

面白いですよ〜!
面白いと比較的楽に読み切れますよ〜。
もしくはネタバレのところ個人的にお知らせ
しましょうか?

次はリンカーンに挑戦しつつ有ってこれには
ちょっとてこずりそうです。
Only the administrator may view.
Only the administrator may read this comment.

管理者のみに表示