2013/07/30.Tue

メアリー・カサット〜 彫刻庭園カフェ

引き続きDCのナショナルギャラリー訪問記です。

メアリー・カサット 「青いひじ掛け椅子に座る少女」

o0480048012096232772.jpg

私は結局ブルー基調の少女と花の絵が好きなのね?と
増々自分の単純な好みを露呈してしまっています。
これは犬までいていい感じ。
この女の子、かなり退屈そうです。
そこはかとなく、やさぐれ感?まで醸し出してます。

メアリー・カサットはペンシルバニア州出身のアメリカ人女性画家。
アメリカ人には珍しくフランスで印象派展に作品を出展しました。
成人になってからはフランスで過ごす事が多く、
最初の友人がドガだったそう。

裕福な家庭に生まれ、ヨーロッパで美術を勉強できて
一見恵まれている様ですが、途中母親や姉妹の病気の看病で
数年間絵を止めなくてはいけなかったり、
後年は白内障・糖尿病・リウマチに悩まされ、視力を失って
絵筆は折らなくてはならず、それでも屈せずに
その後は婦人参政権の実現に向けて尽力したそうです。
(Wikipediaより)

さて印象派を堪能した後はお茶。
ナショナルギャラリーの西館から道路を隔てた所にある
彫刻庭園のカフェが良いと聞いて行ってみました。

IMG_0426.jpg

中はこんな感じ。噴水や公園が見渡せます。

IMG_0414.jpg

セルフサービスのカジュアルなカフェですが、雰囲気はなかなか良し。
ワインや軽食も有ります。

8月一杯まで毎週金曜日の午後5時半〜8時ジャズライブが
楽しめるそうです。
Jazz Program- National Gallery of Art (←詳細はクリックで)

庭園内には苦手な不思議オブジェがちらほら。
嫌なので写真無しです。唯一これ見た事ある!というのが
有って懐かしくてパチリ。
六本木ヒルズにも有るルイーズ・ブルジョワ作
巨大なクモのオブジェでした。

IMG_0429.jpg

メトロの駅への帰り道、National Archives(国立公文書記録管理局)の
建物の前にこんな銅像が。

IMG_0430.jpg

写真では見にくいですが、「STUDY THE PAST」と
彫られていました。
はい、クリシェかもしれませんが、
私も過去から学ぶべきだと思います。

ナショナルギャラリー、印象派コーナーだけでも
これだけ充実。
フェルメールやダビンチ、ピカソなど他の作品も見に
また出かけたくなりました。

(おまけ)
ナショナルギャラリーのギフトショップで見つけた
ピカソとモネと「叫び」の人形たち。

IMG_0136.jpg


↓  クリックして下さると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村







美術館 | Comments(5) | Trackback(0)
Comment
No title
イスに座っている女の子が
ちょっとつまらなさそうなのがいいですねえ(^m^)
Only the administrator may view.
Only the administrator may read this comment.
Re: No title
> イスに座っている女の子が
> ちょっとつまらなさそうなのがいいですねえ(^m^)

だいぶ退屈してますね〜。
やさぐれ感までいい感じに醸し出していますね〜。
はじめまして
FC2ブログの訪問者リストからきました。(FC2ブログに引っ越してきたばかりなのでこの機能を今日知りました)
私もメアリーのこの少女の作品は大好きです。
DCはスミソニアンなど他にも良い美術館があって羨ましいです。それにしても、このムンク人形いいですね~!^^
Re: はじめまして
chihiroさん

はじめまして、コメントありがとうございました!

これまでアメリカ人で印象派的な作風を持つ画家が
いる事を知らず、メアリーの人生についても色々読んでみて
面白く感じました。

ムンク人形2つ並べるとおかしみが増しますね。
ムンク自身も同じパターンで違う色調等の違う作品を
複数並べて展示してくれ、と言っていたそうなんです。
そういう鑑賞の仕方もあるんですねー。

管理者のみに表示