2015/02/22.Sun

2015年 アカデミー賞予報


Academy-Awards-645x370.jpg

今年も明日行なわれる2015年アカデミー賞を予想してみました。
(主要部門発表順)

助演男優賞
(本命)J・K・シモンズ(セッション/Whiplash)
(対抗)エドワード・ノートン(バードマン/Birdman)


「セッション」で音楽学校の鬼教師で鬼気迫る演技を見せた
 シモンズか。エドワード・ノートンも主演を食ってよかったのですが。

助演女優賞
(本命)パトリシア・アークエット (6才のボクが、大人に
                  なるまで。/Boyhood)
(対抗)エマ・ストーン      (バードマン/Birdman)


若い頃は金髪美人女優として余り精彩のなかったパトリシア・アークエットが
12年間に渡って若いシングルマザーからお腹のどっしりした空の巣症候群の
中年大学教授まで演じ切っていました。応援したい!

主演男優賞
(本命)エディ・レドメイン (博士と彼女のセオリー/The Thory
              of Everything)
    マイケル・キートン (バードマン/Birdman)

 ここが一番激戦区です。純粋に演技で言ったらエディ君だと思います。
 でも投票するアカデミー会員は白人中年以上のおじさんが多いらしく
 マイケル・キートンがバットマンで注目してからスランプ時代を超えて
 今作の復活を応援している向きが有り優位とも言われています。
 どうかな?エディ君がホーキング博士の障害が段々進んでいく過程を
 素晴らしい演技力を見せてくれたので応援したいです!

主演女優賞
(本命)ジュリアン・ムーア (アリスのままで/Still Alice)
(対抗)ロザムンド・パイク (ゴーン・ガール/Gone Girl)

 ロザムンド・パイクは良い人か悪い人かわからない始めは透明な存在で
 徐々にパワーを増す演技で良かったのですが、ジュリアン・ムーアの
 若年性アルツハイマーの演技が凄かったらしいです(これは未見)。

監督賞
(本命) リチャード・リンクレーター(6才のボクが、大人に
                   なるまで。/Boyhood)
(対抗) アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 
                  (バードマン/Birdman)
(ノミネート位してほしかった)エイヴァ・マリー・デュヴァーネイ 
                  (セルマ/Selma)

「セルマ」の黒人女性監督がノミネートさえされていないのは、やはりアカデミー会員の数が圧倒的に白人中年以上男性なので公平な評価が受けられていないのでは?とメディア等でも問題視されています。私も作品自体が作品賞に値する位素晴らしいと思ったのでおかしいと思います。
でもリチャード・リンクレーター監督の12年間に渡って同じキャストの成長を撮り続けると言う画期的な方法に一票です。「Before3部作」でも同じカップルを18年間を追うシリーズ撮っており、
短期間の物語ではなく長期間に渡ってモザイクの様な小さなエピソードが物語を紡いでいく様を見せてくれるこの監督に撮って欲しいです。

作品賞
(本命)6才のボクが、大人になるまで。(Boyhood)  
    
(対抗)バードマン (Birdman)

(本当はこの作品に獲ってほしかった!) セルマ(Selma)

    
 「セルマ」はキング牧師の事だけではなく、名も無い市民が抑圧されても暴力をふるわれても、挫けず信念を貫く様を描くのは去年の受賞作を超えてると思うんですが下馬評は良くなくて残念。
 「バードマン」はカメラの長回しなど驚く演出は確かに有りますが、奇をてらい過ぎているのではないかと。
 「6才のボクが、大人になるまで。」は派手な大作ではないけれど愛らしい作品でした。

司会はニール・パトリック・ハリス。アカデミー賞と言えば歌える司会者の方がやはり楽しいので期待しています。
トニー賞でもかなり達者な歌とダンスを見せていました。
個人的にはビリー・クリスタルが良かったけど悲しい事にちょっとおじいさんぽくなったのかな?いいのになー。

友人数人と集まって見る予定。楽しみです!!


↓ クリックして下さったら嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
映画 | Comments(4) | Trackback(0)
 | HOME |