2014/06/13.Fri

ハグの力 〜ペットロス ヒーリング①

images charly brown hug

ハグ・・・。
日本ではする習慣、あまりありませんよね。

××年前国内航空会社からアメリカ系航空会社に転職した時、
文化の違いに驚く事が多かったですが、その一つがハグ。

親しくなった同僚と次に会ったらハグ。
別れるときもハグ。
「ちょっと悩んでるんだ」的な話をしたらハグ。
大変な仕事を一緒に乗り切ったらハグ。

初めは戸惑いましたが、即慣れて良い習慣かもと思いました。
ハグにはこんな効果(←クリックすると別サイトへ)も有ると
言われています。

「ハグはね、ハートとハートが(心臓と心臓が)触れ合うから
気持ちがつながるんだよ。」と友人に言われてなんだか納得。

images ハグ少年と犬

今回愛犬を亡くしてハグの嵐でした。
動物病院の看護婦さん、アパートの同じ階で犬を飼っている知合い、
アパート受付の女性、勿論友人からもハグ。
emailでのバーチャルハグも送られて来ました。
そしてとーーっても癒されたのでした。

37104-kitten-hug-KGCg.jpg

そんなアメリカなのに、知合いのブラジル人美少女は
「アメリカにはハグが足りない」と言っています。
「ブラジルではもっと、もっと毎日何回もするんだよ!と。

「そんな事言ってたらもしあなたが日本に来たら死んじゃうよ!」
と日本のハグ不足を嘆いていたらこんな動画を見つけました。
変わって来たのかな?

”Free Hugs for Korea-Japan Peace” この動画ぜひご覧下さい。



ハグは癒しを超えて色んな力が有りそうです。




↓ クリックして下さると励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

images monster
愛犬のこと | Comments(6) | Trackback(0)
2014/06/11.Wed

愛犬をおくる

IMG_1271.jpg

愛犬が死んでしまって2週間が経ちました。
今の気持ちを書くと、まだめそめそしそうなので、
今日はここアメリカでどのように犬をおくったかを書き留めます。

高校生の時、実家で飼っていたポメラニアンの先代”太郎”は
京都の実家の庭に眠っています。
毎日毎日両親と私でお花を取り替えお墓参りをしたものでした。

でも今回私たちはずっとこちらにいられるかどうか、わからない身。
住まいも共同住宅なのでどうしたらいいのか。

老犬は息をひきとった後も安らかな顔で、
生きて眠っている様で、
お別れするのがしのびなく。
ずっと抱いていたいけど、できない。
IMG_1363.jpg

今にも起きて来そうな愛犬をそうするのはとても
つらいのですが、お骨にしてもらう事にしました。

ワシントンポスト紙の過去の記事を参考にして、Heavenly Daysという施設へ。

IMG_1365.jpg
       Heavenly Daysの入り口  "天使たちはここに集う"


IMG_1364.jpg
       お庭はお花でいっぱい

IMG_1374.jpg
 受付のジャネットさんはとても親切で、何度もハグをしてくれました。

IMG_1376.jpg


IMG_1470.jpg
まだふわふわの毛を一房、切り取ってお守りにしました。
ジャネットさんが犬のエンジェルのピンも下さいました。

IMG_1471.jpg

こんなに小さい箱に・・・。
苦しみの無い世界で幸せに暮らしてね。
本当にありがとう。





↓ クリックして下さると励みになります。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

愛犬のこと | Comments(3) | Trackback(0)
2014/06/04.Wed

愛犬が逝ってしまいました


IMG_3326.jpg

5月27日に愛犬がこの世を去ってしまいました。
15歳でしたが、まだまだ一緒にいてほしかった、
とても優しい犬でした。

あれもしてあげたかった、これもしてあげたかったと思う事
ばかりです。

お世話になった方々にこの場を借りてお礼申します。
ありがとうございました。
愛犬のこと | Comments(16) | Trackback(0)
 | HOME |