2014/07/30.Wed

船に乗る ジョージタウン〜アレキサンドリア

ポトマック
過ごしやすい気温が続いているDC。ポトマック河沿い。


IMG_1392.jpg
ジョージタウンのワシントン・ハーバーに来ました。


IMG_1390.jpg
ここからバージニア州アレキサンドリアまで遊覧船が出ています。


tour_map2.gif
所要時間は片道約40分。大人往復26ドル。
到着したらすぐ同じ船で戻るもよし、観光や食事をしてから後の便で
帰る事も出来ます。 
詳しくはこちらをクリック


IMG_1409.jpg
船内1階はこんな感じ。船は数種類有りこれはガラス窓がついたタイプ。


IMG_1424.jpg
2階はオープンデッキ。眺めもよく風を直接感じられて
涼しい日にはいいかも。


IMG_1405.jpg
まず見えて来るのはウォーターゲート・コンプレックス。
ニクソン大統領失脚の原因となったウォーターゲート事件で有名です。
コンドリーザ・ライス元国務長官も住んでいたとか。


IMG_1407.jpg
ケネディセンター。websiteへはこちらをクリック


IMG_1411.jpg
リンカーン・メモリアル


IMG_1454.jpg
ワシントンモニュメント
映画X−menのウルブリンとCaptain Americaが落とされたのは
この辺りかと。S.H.I.E.L.Dの建物もポトマック沿いでした。
(Marvel関係の映画を観てない人はなんのことやらですね。)


IMG_1419.jpg
遠目にレーガン国際空港


IMG_1432.jpg
アレキサンドリアに到着
半ズボンの船長自らお見送り


IMG_1435.jpg
アレキサンドリア側からの風景


IMG_1446.jpg
アレキサンドリア、オールドタウンのレンガ造りの街並み。
シーフードレストランもやはり多いです。
今回はお茶とぶらぶら散歩だけして1時間後の船に乗船しました。


IMG_1460.jpg
帰りの船は窓が開けっ放しのタイプ。暑い日は大変そう。
この日は風が気持ち良かったです。


IMG_1466.jpg
賑やかなワシントン・ハーバーに戻って来ました。
束の間の船旅でしたが非日常の気持ち良さを味わえてお薦めです。
水辺はやっぱりいいな〜。

↓クリックして下さると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
ワシントンDC | Comments(9) | Trackback(0)
2014/07/17.Thu

National Zoo(国立動物園)へ

ペットロスから立ち直るかと思いきや、ちょっとした別の事をきっかけに
どよ〜んとしてしまった私。
やっぱり”3歩進んで2歩下がる”、ですのね〜。(古過ぎる)
毎日家に籠ってまためそめそして過ごした数日。これではいかん。

そこで、行ってきました、National Zoo
(通称National Zoo(国立動物園)、正式名称Smithsonian National Zoological Park)
先日ブログにも書いたごま似のレッサーパンダ、
Rusty君に会いに行こう、と
思い立って出かけました。
redpanda_251853079212.jpg 
  ぜひ会ってみたい

IMG_1543.jpg
やって来ました、National Zoo。
門の前には立派なライオンの像
因みにこの動物園もワシントンDCの
多くの博物館と同様に無料です

center
ビジターセンターにも大きなレッサーパンダの絵 やっぱり人気なのね
ちなみにレッサーパンダは英語でred pandaだそうです

IMG_1547.jpg
  あれ、いません  え”?

IMG_1545.jpg
  何やらサインが
  "Where are our red pandas?"
「僕たちのレッサーパンダはどこ?」って
  それはこっちのセリフです

IMG_1546.jpg
   こんなはりぼての人形だけ 

どうもRusty君、奥さんの出産についてバージニア州の
研究機関に行ってるのだそうです。
アメリカは夫婦単位の行動が多いとは知っていたけど
レッサーパンダまでとは

調べて来るべきでした・・・。orz。

でも気を取り直して他の動物を楽しむ事に。

でもでも
IMG_1548.jpg
  何もいません

IMG_1550.jpg
  ここはただの公園? 

IMG_1551.jpg
  やっと何かいたと思ったら鳥

IMG_1552.jpg
  "agressive cranes" “攻撃的な鶴”?

IMG_1553.jpg
  あなたでしたか

IMG_1558.jpg
  エミューに好かれてずっと私の後をついてきた

IMG_1567.jpg
  やっと何かほ乳類いたと思ったらね、猫?
  sand catという種類だそうです
  が、が、この動物園ちゃんとした動物はいるのか!?

p dog
  やっとちょっと動物園ぽい ミーアキャット
  映画「Life of Pie」思い出します。

kame.jpg
  そうかと思うとまた地味 亀の縦列駐車

tora.jpg
  あ、やっと大物いた トラ でも遠目

lion male  
  出ました、真打ち 雄ライオン

IMG_1595.jpg
そう思ったらもっといいの発見!なんと子ライオン!お母さんと一緒

IMG_1610.jpg
「お母さん喉乾いたわ、ちょっとお水飲んでくるわ」

IMG_1615.jpg
「僕も 僕も 僕も!」

子ライオン、すごーく可愛い。
ちょっと大きくなりつつあるので、お近くのかた
子ライオン達を見たいなら、急いでゴー!ですよ。

あー、やっと満足して来たと思ったら空に何かが・・。
IMG_1619.jpg
鳥だ、飛行機だ、(古い)いや、オラウータンだ!

IMG_1623.jpg
オラウータンさん、空中に張られたロープを伝って
頭上をお散歩中

IMG_1618.jpg
これは確かになかなか見られないですね

始めは朝が早くて動物が出て来てなかったらしく、
結局他にも象やシマウマ、熊たちも堪能しました。

日本の一般的な動物園より緑が深く、
ハイキング気分にもなれました。

Rusty君とは今回会えませんでしたがまたの機会に。
ぬいぐるみRusty、12ドルで買って来ました。
IMG_1663.jpg

子パンダも合わせて本当のRustyに
早くお目にかかりたいものです。

長文失礼しました。
↓ クリックして下さると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
















ワシントンDC | Comments(6) | Trackback(0)
2014/07/03.Thu

そして父になる 〜お散歩レッサーパンダ ラスティの場合

TVのローカルニュースを何となく見ていて自分の目を疑いました。
「ご、ごまちゃん??」



「そこにいたの!?」

そんな訳ないけど似てます。
IMG_1293.jpg

実はこれ昨日7月2日、ワシントンDCのNational Zoo(正式名称;Smithsonian National Zoological Park:国立動物園)の
レッサーパンダのShamaに赤ちゃんが生まれたというニュースでした。

そして父親はRusty君、実は昨年夏動物園から逃げ出して
DCでも若者の集まる繁華街で有名なアダムス・モーガンまで
遊びに行っていたお騒がせ君でした。
2603999_G.jpg
   遊びたかったの?

丁度昨年のその時期、まだ元気だった愛犬を散歩させていたら、
いつになく行き交う人々がザワザワする感じがしました。
とうとう1人の人が「逃げ出したパンダかと思った!」と。

SBCA0734.jpg
   レッサーパンダじゃないよ

Rusty君の冒険(目撃者の画像投稿等による)
2604000_G.jpg
   行ってきまーす

2604001_G.jpg
   こっちに行ってみようかな

2604002_G.jpg
   冊もくぐってみようかな

2604003_G.jpg
   自由満喫ちう

2604007_G.jpg
   木の上で一休み

2604008_G.jpg
 あえなく御用となりました

2604004_G.jpg
   あー喉かわいた

2604005_G.jpg
   ラスティ君の足跡

(ラスティ君関連の画像は全てmyFOXdc.comさんからお借りしました。
元記事はこちら。)

子パンダ達が大きくなって一般公開されたらぜひ行ってみたいです。
父になったラスティ君にも会いに。

↓ クリックして下さると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村


ワシントンDC | Comments(7) | Trackback(0)
2014/05/18.Sun

ザ・ビショップス・ガーデン

ハーブガーデン1

ワシントン大聖堂の一画にある”ザ・ビショップス・ガーデン”。
大好きなお友達にブランチピクニックに連れて行って頂きました。
四季折々、違った花々が楽しめるそうです。
この写真は偶然通りかかった男の子がいてくれてちょっとモネ風?を
目指して撮ってみました。(無茶ですね、汗)


monet_the_artists_garden_at_vetheuil.jpg
クロード・モネ「ヴェトゥイユの画家の庭」やっぱり違います。


IMG_1250.jpg
つつじも今年の最後の見頃かな。

IMG_1247.jpg
ネギ坊主?

IMG_1223.jpg
花菖蒲?

IMG_1232.jpg
新約聖書ルカによる福音書より”放蕩息子の帰還”をモチーフにした像。
放蕩して与えられた財産を使い果たした息子を優しく迎え入れる
父の慈悲を描いた小さな像がお庭の片隅にひっそりと有りました。


IMG_1218.jpg
”Shadow House”という名のあづまやです。
この中から庭園を眺めるとさながら額縁に入れられた絵画のよう。
こちらで優しいお友達が作って下さったサンドイッチとお紅茶を
頂きました。


美しい庭園なのに人影もまばらで、本を読んだり考え事をするのにも
良い場所です。
もう少しすると薔薇も美しいとか。



SBCA0349.jpg
愛犬は今回は寝ていてお留守番でした。



↓ クリックして下さると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村


ワシントンDC | Comments(4) | Trackback(0)
2014/04/15.Tue

ワシントンDCの桜 2 ダンバートンオークス

IMG_5664.jpg
視界一杯に広がる桜・桜・桜

IMG_5686.jpg
月影先生、マヤは今紅天女の里に来ています・・・。

IMG_5649.jpg
・・・。
IMG_5636.jpg
ではなくて、ここはワシントンDCのジョージタウンにある
ダンバートンオークス
広大な敷地内に無数の桜の木や他の花々が見られます。

現在はハーバード大学の研究施設ですが、
大学に寄付されるまでは個人の邸宅だったというので驚きです。

MrMrs Bliss
以前の持ち主は外交官のRobert Woods Blissとその妻Mildred Barnes Bliss。
この夫妻はかなりの資産家で、結婚13年目の記念に、ストラビンスキーに
協奏曲「ダンバートンオークス」の作曲を依頼してます。
スケールが違いますね。

kaigi.jpg
この邸宅では1944年ダンバートンオークス会議が開かれ、
国連憲章の原案となる提案が採択されました。

IMG_5639.jpg
とにかく敷地が広いです。池や噴水・・、

IMG_5634.jpg
温室・・・、

IMG_5638.jpg
客用プール・・。

IMG_5670.jpg
首都DCの中でも高級住宅地のこの地域に、ここまで広大な森?谷?が
出現するとはなんとも贅沢です。

IMG_5677.jpg
この週末ワシントンDCは雲一つない青空が広がるお天気。

IMG_5647.jpg
紫木蓮の大木。

IMG_5631.jpg
とても良い香りの白い花。

敷地内にはミュージアムや図書館も有るのですが、お庭だけで
息が切れて今回はここまでにしました。
ローズガーデンも有るらしく、また訪れてみたい場所です。

↓ クリックして下さると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
ワシントンDC | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | Next »